つながる販促サポートサイト電話番号

ハガキ

ハガキサイズ 10営業日

コールドフォイル箔押し100x148ハガキ

仕上サイズ(mm) H148×W100
展開サイズ(mm) H148×W100
コールドフォイル・ハガキは箔押しの上に印刷を同時に行い、メタリックな色の表現ができる箔押しハガキです。コールドフォイル印刷は銀箔(フォイル)を紙面に貼り付け、その上に印刷を乗せる手法です。
アミ点のような高精細の箔絵柄も再現可能です。印刷色によって箔の色が変化し、希望の色(メタリック系)を再現することができます。全面へ銀箔(フォイル)を貼り、普通の紙をメタリック色の紙のようにすることも可能です。
用紙はアート紙のみの対応となります。
特殊印刷のため価格には本紙校正1回をあらかじめ含んでおります。詳しくは担当営業へお問い合わせください。

サイト掲載の価格は通常価格です。個別のご要望がある場合は担当営業より改めてお見積もりを提出致します。

入稿データ作成テンプレート ダウンロードはこちら

コールドフォイル印刷とは?

コールドフォイル印刷は、箔を使った新しい印刷技術です。箔を特色インキのような感覚で使うことができるのが最大の特徴で 好きな場所に好きなだけ、狭い範囲でも広い範囲でも、メタリック表現を指定することができます。
メタリック=「箔」を付与した後に、箔の上から印刷を行なうため、通常の箔押しではできなかったメタリックカラーを自由に作り出すことができます。

「メタリック」な表現で、インパクトのあるDMが作れます!

コールドフォイル箔版

先ず箔の版のみを印刷(付着)し、その上にUV印刷を行い、メタリックな色を出します。

コールドフォイル印刷イメージ

メタリックを使ったグラデーションなどの繊細な表現も可能です。

強度も◎ 箔表現をより綺麗に強く保つ「UV印刷」を併用

コールドフォイルは、箔表現の部分に印刷機で糊を塗布してから、 箔を付与します。この糊は、UV(紫外線)を照射すると硬化する仕組みになっており、 印刷の最後に紫外線を照射することで、箔をしっかりと定着させることができます。

また、絵柄を印刷するUV印刷も紫外線を当てると硬化するインクを使った印刷の技術で 印刷の最後に紫外線を照射すると、印刷物がすぐに"乾く"ので、 フォイルの上に乗ったインクが、色移りや色落ちなどの不良を起こすことを防ぎます。
更に、従来の印刷に比べると被膜が厚いため、摩擦などにも強いという特徴があります。

部数と印刷パターンを選択

用紙を選択

下記価格にはアウトライン済み完全データ⼊稿以降のデータ作業代・刷版代・印刷代・
化粧断裁代・梱包・1ヶ所発送費が含まれております。(税別)
但し北海道・沖縄・離島への送料は別途料⾦となります。海外発送は対応しておりません。

  • マイオーダーシートに追加
  • この商品について問い合わせ

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

A5サイズ 10営業日
コールドフォイル箔押しA5ハガキ
サイズ:H148×W210
展開サイズ:H148×W210
ハガキサイズ 10営業日
疑似エンボス100x148ハガキ
サイズ:H148×W100
展開サイズ:H148×W100
A5サイズ 10営業日
疑似エンボスA5ハガキ
サイズ:H148×W210
展開サイズ:H148×W210
お問い合わせフォームはこちら

商品一覧アイコン商品一覧

お問い合わせフォームはこちら

直接お問い合わせの場合はこちら

見積内容を見る

お問い合わせ