「ブランディングデザイン」とは?|販促クリエイト.jp

ブランディングデザインとは?

誰もが知っている大手企業や、ナショナルブランドの商品には
このブランドの商品なら「品質は大丈夫」「安心」という
信頼感があります。

一方で、ブランド力が無い会社や商品では
「良いものをつくっているのに売れない」
「売上のために値引きなど価格を下げて、利益が出ない」
「SNSなどでよい口コミを書いてくれない」という課題があります。

ここの課題を解決するのが「ブランディング」であり、
それを具現化するのが「ブランディングデザイン」です。

ここでは「ブランディングデザイン」についての説明や、
具体的なデザイン展開手法についてご説明していきます。

目次

  1. 1.ブランディングデザインの具体例
  2. 2.ブランディングデザインの目的
  3. 3.販促ツールへの展開
  4. 4.ターゲットに合わせた販促ツールの選定

ブランディングデザインの具体例

ホームページ

ホームページ

社用封筒

社用封筒

名刺・ショップカード

名刺・ショップカード

ユニフォーム

ユニフォーム

会社案内

会社案内

片ポケットタトウフォルダー

タトウ片ポケットホルダー

レターヘッド

レターヘッド

ショッパー紙袋

ショッパー紙袋

企業は上記のアイテムなどを統一感を持って展開することで、
企業の認知度や信頼度を高めることができます。

ブランディングデザインの目的

視覚的な認知

視覚的な認知

コンセプトの浸透

コンセプトの浸透

ファン化

ファン化

ブランディングデザインの主な目的は
①ユーザーに自社ブランドを視覚的に認知してもらう
②ブランドのコンセプトをさまざまなツールを通じてユーザーに伝える
③ブランドのファンになってもらい、指名買いをしてもらう

ファンになってくれた顧客は、値段が競合製品より高くても継続して購入してくれる可能性が高く、利益率の向上につながります。その得られた利益が次の商品開発や広告宣伝施策になり、さらなるファンの獲得に繋がります。

販促ツールへの展開

LP

LP

チラシ

チラシ

DM

DM

メニュー

メニュー

メルマガ・SNS

メルマガ・SNS

サイン

サイン

レターヘッド

POP

ノベルティ

ノベルティ

販促ツールにもブランドデザインを反映させ、
「企業の信頼感」を「商品の信頼感」に繋げ、
売上・利益の拡大を実現できます。

ターゲットに合わせた販促ツールの選定

ブランディングデザインの主な目的となる
①ユーザーに自社ブランドを視覚的に認知してもらう
②ブランドのコンセプトをさまざまなツールを通じてユーザーに伝える
③ブランドのファンになってもらい、指名買いをしてもらう
をより効果的に実現するためには、商品のユーザー(ターゲット)に合わせた販促ツールを選択します。
10代・20代にアプローチしたい場合はスマートフォンやSNSへの情報発信、シニア層にアプローチしたい場合は折込チラシやダイレクトメールなどが有効です。

10代~20代へのスマホ・SNS

10代~20代

LP・SNS

シニア層へのチラシ、DM

シニア層

チラシ、DM

トライアル客へのPOP、割引券

トライアル客

POP、割引券

上得意客向けノベルティ

上得意客

ノベルティ

販促ツール
LP・SNS テンプレートから作るホームページ「any mo-ve」お問い合わせフォーム作成
チラシ・DM チラシダイレクトメール特集
POP・割引券 卓上POPスイングPOP売り場・什器POPボトル首掛けPOPミシン目入りクーポン名刺・カード
ノベルティ ノート・メモ帳クリアファイルパズルカレンダーアクリルグッズ和紙ノベルティお米のボールペン
デザイン作成もお任せください! マーケティングクリエーター

ブランディングデザインのトータルプロデュースはこちら!
高いデザイン力とノウハウでお応えいたします

お問い合わせフォーム

直接お問い合わせの場合はこちら

福井本社

福井本社

0776-53-5885
東京営業所

東京営業所

03-6910-0126
大阪営業所

大阪営業所

06-6585-0260
名古屋営業所

名古屋営業所

052-932-0270