DM、POP、ノベルティなど販促に必要なアイテムで「つながる販促」をサポートします!

電話番号

KPIとは

KPIは「Key Performance Indicator」の略で、「重要達成度指標」などと訳されます。

KPIはKGI(Key Goal Indicator)=「重要目標達成指標」)を達成するための中間的な指標です。

KGIから逆算してKPIを設定していくのが基本となります。 KGI達成に向けたプロセスの中において、それぞれの段階で求められる数値(KPI)を設定します。

KPIを正しく設定すれば、企業の潜在能力が大きく引き出され、マーケティング戦略を成功に導きやすくなります。

マーケティングで重視すべきKPI

新規顧客獲得数

リピート率

顧客満足度

PV数

直帰率
マーケティングでKPIを使用すると、KGI(売上等の最終的な目標)の達成に向けた目標設定を明確化できます。
たとえば KGI として月間売上高を500万円と設定した場合、客単価を考慮すれば必要な顧客数が自ずと見えてきます。
KPIを達成出来なければ、マーケティング施策の改善余地があると判断できます。修正し最適なマーケティング施策を施せば、より大きな収益を生み出せます。
特にWebマーケティングにおいて、PV数や直帰率をKPIとして用いれば、売上高(KGI)に直結する施策を実施できるでしょう。

営業で重視すべき KPI

アポイント件数

成約率

リピート率

平均受注単価

個人営業売上高
営業部門でKPIを使用すると、個人個人の営業成績を可視化できるメリットが得られます。その結果、業績に応じた人事評価が可能になります。
KPIを達成した者に対して追加の報酬を設定することで、従業員のモチベーション向上のメリットも期待できます。
また複数のKPIを設定することで、目標達成できなかった際の課題発見も可能となります。
たとえばアポイント件数が多い一方で成約率が低ければ、商談での話し方が課題であると推察出来ます。
利益に直結する分野であるだけに、KPIの使用で得られるメリットは大きいです。

KPIツリー例

新商品をECサイトで販売する場合

KPI相関図

「KPI」=「目標閲覧数」

WEBサイト閲覧者の一定割合が注文してくれる場合、閲覧者数を増やすことで売上を伸ばす事ができます。 目標閲覧数を達成するために、「自然検索」「WEB広告」「メルマガ」「他媒体」からの流入増を目指す施策を実施し、各結果を確認しながら施策を改善し、最終的に売上目標の達成につなげます。

直接お問い合わせの場合はこちら

  • 福井本社外観
  • 東京営業所外観
  • 大阪営業所外観
  • 名古屋営業所外観

福井本社
0776-53-5885

東京営業所
03-6910-0126

大阪営業所
06-6585-0260

名古屋営業所
052-932-0270

※当社のFSC®︎認証取得拠点は、本社と東京営業所のみです。

見積内容を見る

お問い合わせ